工事概要

  • HOME »
  • 工事概要


・JRあき亀山駅前交通広場を中心に、東側敷地に病院棟・エネルギーセンター棟、西側敷地に付属棟・院内の保育所・平面駐車場を配置します。東側敷地と西側敷地は屋根付き横断橋で連結し、来院者やスタッフの利便性を高めます。

・東側敷地の病院棟の地下1階に患者用の駐車場を262台、西側敷地の平面駐車場を536台、その他業務用等の駐車場を合わせて合計で924台の駐車場を確保します。

・JRあき亀山駅から病院までは歩行者通路に屋根を設置し、雨に濡れることなく来院することができます。

・JR利用者のロータリーと病院ロータリーは完全分離するとともに、病院へのアプローチは、自家用車は西南側から、救急車は南側中央部(太田川面)から、サービス車は東南側からとし、自動車動線を明確に分離し交通の錯そうを回避しています。

 

【建物イメージ】

・西側の正面玄関を入ったアメニティスペースには地域に開放できる、レストラン・カフェ、コンビニや保険調剤薬局を配置します。また、災害時におけるトリアージスペースとして活用します。

・病院の中心部分に総合受付を配置し、北側にセンター化を図るブロック受付、フリーアドレス診療室の設置など外来部門を集約配置しています。外来部門はスタッフ専用通路を確保し、患者との動線を分離しています。

・病院の中心部分にエレベーターを設置し、各部門へのスタッフ動線を短縮化させています。

・高度な医療の提供を行うため血管造影室とハイブリッド手術、手術・集中治療部門を隣接させています。手術室数を増加し、すべての手術室を手術支援ロボット対応としています。

・眺めの良い西南側には、スタッフ用の休憩や食堂となる「スタッフコモンズ」を配置します。

・一般病棟2看護と産婦人科病棟、精神科病棟を配置し、セキュリティと患者プライバシーに配慮します。

・小児病床エリアにプレイルームと院内学級を整備します。

・一般病棟4看護を配置します。デイルームやデイコーナーを眺望の良い廊下の端に設け、明るい療養環境とします。

・スタッフステーションはオープンカウンターとし、病棟の端部まで見通しやすい計画とします。

・リハビリテーション部門とリハビリ対象疾患に関する病棟3看護を配置します。屋上を利用した屋外リハに対応します。

・ドクターヘリ対応のヘリポートを屋上階に整備します。ヘリポートと1階救命救急センターを直結する救急専用エレベーターを設置し、迅速な患者搬送が行える計画とします。

PAGETOP

Copyright © 広島市立新安佐市民病院(仮称)新築工事 All Rights Reserved.

error: 右クリック禁止