工事進捗状況
  • HOME »
  • 工事進捗状況

免震装置の工場製品検査を行ないました。

RB(天然ゴム系積層ゴム支承)85台、SnRB(錫プラグ入り積層ゴム支承)26台、CLB(直動転がり支承)32台、合計143台の免震装置でこの建物は支えられています。 製作された免震装置の性能・寸法・外観等の検査を行ない …

今、現場で作業している常駐クレーンの紹介

今、現場で作業しているラッフィングタワークレーン(クローラクレーン)、ラフテレーンクレーンを紹介します。 まず1台目が構台北側で作業している120tラッフィングタワークレーンです。 型式はKOBELCO 7120G:タワ …

西側から東側への構台が完成しました

11月11日から工事を開始した構台組立作業、西側から東側に構台が開通しました。 構台を使って、建物北側・南側の工区の基礎工事を開始しています。 この構台は、1階から上部の鉄骨建方作業を行うまで設置する計画としています。

免震充填 試験施工を行いました

免震装置プレート下部の充填方法が適切であるかを確認するために行う試験施工で、 免震装置が設置される柱頭の実物大見本を作成し、高強度コンクリートを使って充填しました。 この部分は、上部構造物の軸力とせん断力を確実に基礎に伝 …

あき亀山駅ホームから見える仮囲いに竣工イメージパースを掲示しました

  竣工イメージパースとホームページのQRコードを仮囲いに掲示しました。 熊谷組のマスコットキャラクター”くま所長”が登場し、 当現場のホームページアドレスをQRコードに入替てくれました …

置き構台組立作業を開始しました

地下基礎工事と並行して西側から置き構台組立作業を開始しました。 敷地いっぱいに建物が配置されているため、地下基礎工事の途中から 鉄骨組立作業までを置き構台を使って作業する計画としています。 構台は、幅9m・総延長375m …

RI棟(付属建物)の地下躯体工事が完了しました

RI棟の基礎、地下土間、地下壁までの地下躯体工事が完了しました。 RI棟はここまで工事して上屋躯体工事は再来年です。

病院棟地下基礎工事が始まりました

  10月12日から病院棟の地下基礎工事を始めています。 地下基礎だけで鉄筋数量が約2,000t。 全て10t車で運搬した場合200台の車両が運搬するようになります。 コンクリート数量が約11,000m3. 生 …

病院棟・エネルギーセンター棟の地盤改良工事を行っています

  9月17日から病院棟、エネルギーセンター棟の地盤改良工事を行っています。 建物自重を支える支持地盤を施工するもので非常に重要なものです。 例えるなら、一般建物の杭に該当します。 当現場では、エポコラム工法( …

RI棟(付属建物)の基礎工事を行ってます

RI棟の山留、地盤改良(エコスラミ工法)を施工して基礎工事を行っています。

1 2 »
PAGETOP

Copyright © 広島市立新安佐市民病院(仮称)新築工事 All Rights Reserved.

error: 右クリック禁止