免震装置プレート下部の充填方法が適切であるかを確認するために行う試験施工で、

免震装置が設置される柱頭の実物大見本を作成し、高強度コンクリートを使って充填しました。

この部分は、上部構造物の軸力とせん断力を確実に基礎に伝達するために、

密実に充填されなくてはならない大切な部分です。

試験施工の結果は、免震プレートとコンクリートが一体化されていることが確認でき、

平均充填率は97.9%、エリア別充填率は96.3%~98.9%となり、

所定の品質を満足できることが確認できました。