新病院は免震構造の建物のため、地震による水平動に対して、設備配管も同様に変位を吸収する必要があります。

この機能を持つ免震配管装置を設置することで、配管の破壊を防止し、地震災害が起きた場合でも、建物の設備機能を維持することができます。

【写真の説明】

① Cシステム

床面支持のコントローラと継手2本をL字に組み合わせ、大口径の複数ラインの組み合わせに対応した免震システムです。

② Uシステム

継手1本で地震力を抑制する免震システムです。水平取付け専用の免震システムです。

③ Fシステム

継手1本で堅・横・斜めの全方位変位へ柔軟に追随可能な無圧配管専用の免震システムです。

④ Vシステム

継手1本で地震力を抑制する免震システムです。竪取付け専用の免震システムです。

⑤ Vシステム