地下基礎工事と並行して西側から置き構台組立作業を開始しました。

敷地いっぱいに建物が配置されているため、地下基礎工事の途中から

鉄骨組立作業までを置き構台を使って作業する計画としています。

構台は、幅9m・総延長375mを計画しています。