今、現場で作業しているラッフィングタワークレーン(クローラクレーン)、ラフテレーンクレーンを紹介します。

まず1台目が構台北側で作業している120tラッフィングタワークレーンです。

型式はKOBELCO 7120G:タワー長さ30.4m、ジブ長さ25.9mです。

最大20.0t×15.0m吊りの能力があり、43.2m離れた所でも6.2t吊りの能力があります。

タワー長さとは、クレーン本体から建っている主ブームのことで、ジブ長さとは主ブーム先端から伸びている補助ブームのことです。

クレーン重量は130tもあります。

この型式のクレーンは主ブームのみでブーム長さを15.2mとすると最大吊り上げ能力は120t×5.0mとなります。

 

2台目が構台南側で作業している120tラッフィングタワークレーンです。

型式はKOBELCO 7120G:タワー長さ48.6m、ジブ長さ38.1mです。

最大13.6t×14.0m吊りの能力があり56.6m離れた所でも3.3t吊りの能力があります。

クレーン型式が同じでも、タワー長さ・ジブ長さの組み合わせによって、吊る事ができる範囲・能力が変わってきます。

 

3台目は一般的によく見かける50tラフテレーンクレーンです。

型式はKATO SL-500RF:機種仕様は、全長12.39m、全幅2.75m、全高3.73m、車両重量35.7tです。

 

4台目はもっとよく見かける25tラフテレーンクレーンです。

型式はKATO SR-250VR:機種仕様は全長11.21m、全幅2.62m、全功.45m、車両重量26.5tです。