放射線照射室の遮蔽鉄板工事を7/20より開始しました。

今回の放射線照射室は、壁天井を厚み1500mmのコンクリートで遮蔽するとともに、照射方向のコンクリートの中には

床t150mm、壁t430mm、天井t450mmの遮蔽鉄板(総厚み)を設置する仕様となっています。

今回の工事では、床と壁の鉄板を設置しています。

 

写真は床鉄板t150(総厚み)を施工している写真です。

写真は壁鉄板t430mm(総厚み)を施工している写真です。

幅4m、高さ5m、厚み0.43mの遮蔽鉄板です。転倒しないように鉄骨でしっかり補強してます。