11月12日、JR可部線利用促進同盟会により地元住民の方を対象とした現場見学会が行われました。

現在の作業期間は危険な箇所が多いため、外部から見てもらう見学会となりました。

短い時間でありましたが、総勢60名の方に工事現場とモデルルームを見学して頂きました。

朝礼広場で現状説明・コロナ対策を行い、クレーンを使って鉄骨を組み立てている病院棟、

2階RC躯体工事を行っているエネルギーセンター棟を見て頂き、現場の雰囲気を感じてもらいました。